トップページ

審美歯科に関するよくある質問

審美歯科を受診したいと思っていても、初めてのことで不安を感じていらっしゃる方は少なくないようです。わたしたち日本審美歯科センターには、そのような方からのご質問が数多く寄せられています。ここでは、そんな皆さまからのご質問をピックアップし、回答とともにご紹介します。審美歯科についての不安や疑問を解消するお手伝いになれば幸いです。

 

ホワイトニングは痛くありませんか?

以下のような場合以外には基本的に痛むことはありません。
・歯がもともと割れている
・多数の虫歯がある場合
・知覚過敏の症状をお持ちの場合。
虫歯などの進行状態によっては、その治療を終えてからホワイトニングを受けることをおすすめします。 虫歯による痛みが緩和され、安心してホワイトニングを受けることができます。またホワイトニング治療をおこなうことで知覚過敏を発症する方もまれにいらっしゃいます。

このページのトップへ

ホワイトニング後はずっと白いままなのでしょうか?

ホワイトニング効果は残念ながら永続的には続きませんので、施術後にきちんとケアを続け効果を維持するように心がけてください。またホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングを受けることで、より長くホワイトニングの効果を持続することも可能です。

このページのトップへ

ホワイトニングの漂白効果はどのくらい持続しますか?

患者さまの生活習慣(食習慣、喫煙、ブラッシングなど)により個人差はありますが、一般的に半年〜1年ほど効果が持続します。ホワイトニングをおこなった後、白さを維持するためにはホームホワイトニングなど定期的なケアが必要です。
またラミネートベニアなどのセラミックを使用した治療を受けることで、色素や歯垢(プラーク)などの付きにくい歯にすることも可能です。

このページのトップへ

オールセラミックとメタルボンドの違いは?

全てセラミックで出来た人口歯か、金属の外側にセラミックを焼きつけた人口歯かの違いです。オールセラミックは非常に審美性が高く透明感があり、天然歯に近い仕上がりになるので前歯など目立つ部分に最適です。一方メタルボンドは、金属の外側にセラミックを焼きつけているので強度という面では非常に優れています。奥歯など力が加わる部分におすすめです。
このように、治療する箇所に適した素材を選ぶことにより、より良い状態を実現することができます。担当の歯科医師と相談のうえ、ご自分の希望にあった治療法を決めるようにしてください。

このページのトップへ

セラミックは変色しませんか?

セラミックは食器などに使われる陶器と同じ素材なので、変色することはありません。この素材は水分を吸収しないため変色が無く、歯を白く保つことができます。
また、色素だけでなく、歯垢(プラーク)などが付きにくいのも、セラミックの特徴です。セラミック素材は透明感のあるより自然に近い歯を、長く維持することができます。

このページのトップへ

奥歯もセラミックで白くできますか?

奥歯もセラミックを使用して白くすることができます。セラミックは天然歯と同レベルもしくはそれ以上の強度があり、食べ物がおいしく感じたり、虫歯になりにくいなどのメリットもあります。そのため最近では奥歯にもセラミッククラウンを導入する方も増えてきています。
セラミックは硬すぎることもなく、噛み合わせる歯を傷つける心配もありませんので長期間にわたり使用いただくことが可能です。

このページのトップへ

セラミックで治すとどのくらいもちますか?

患者さま個人のケアやお口の状態にもよるので一概には言えませんが、一度入れていただくと長期にわたり安定した状態を保つことができます。しかし、歯磨きなどのケアを怠るとさまざまな疾患にかかる可能性が出てきますので、メンテナンスにも気を配り、良い状態を維持できるように心がけましょう。

このページのトップへ

ラミネートベニアは、どのくらい歯を削るのでしょうか?

歯の表面を1mm程度です。表面のエナメル質のみを最小限削るだけなので、短時間の施術となります。忙しくて時間のない方などに最適な治療法となっています。

このページのトップへ

ラミネートベニアは、しっかり接着されるのでしょうか?

ラミネートベニアを貼りつける接着剤は非常に強力な粘着力をもっているので、よほどのことが無い限りはがれる心配はありません。表面に貼りつけるだけなのでいつはがれるか不安とおっしゃる方もいらっしゃいますが安心して治療をお受けいただければと思います。もし不安に感じるようでしたら、担当の歯科医師に確認するようにしてください。

このページのトップへ

ラミネートベニアで歯並びも変えたいのですが可能でしょうか?

ラミネートベニアが適しているのは、前歯に隙間のある方や、形や大きさの整っていない歯をお持ちの方、ホワイトニングの効果が期待できない場合などとなっています。多少歯並びが悪い程度であれば対応可能ですが、大がかりな治療が必要な場合はセラミック法をご検討ください。

このページのトップへ

自費治療と保険治療の違いは何ですか?

費用の一部を国が負担してくれる治療と、費用が全額患者負担かの違いです。
保険治療は、費用の一部を国が負担してくれる反面、治療内容には制限があります。治療法だけでなく素材にも制限が付きますので、満足のいく治療が受けられない場合があります。それに比べ、自費治療はすべての費用が自己負担になるかわりに素材や治療法に制限がありませんので、納得のいく治療を受けることが可能です。
費用面や治療内容を考慮に入れ、ご希望に沿った治療をお選びください。

このページのトップへ

ご相談・お問い合わせ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談